Archive for the ‘未分類’ Category

脳のひろば 2023年1月号

2023-01-14

~上肢の発達を促そう!~

 

 

 

 

こんにちは🐰

こどもプラス新河岸教室です!

 

今回の記事では、「上肢機能の発達」について

解説したいと思います。

 

 

 

 

上肢(じょうし)」「下肢(かし)」という言葉は、

普段はほとんど使うことがないかもしれませんが、

医療の世界ではよく用いられます👨‍⚕️

 

「上肢」とは、医療専門用語で

手・指~肘~肩を含む部分」を、

「下肢」は、「股関節から足先まで」をさします。

 

 

 

 

 


肩から手指までの発達

 

 

生まれたての赤ちゃんは身体の動きも未発達で、

大きな動きや力を要する動き、複雑な動きは

できません🤱

 

その後、指をしゃぶったり、手指を使って

おもちゃで遊んだりするのはもちろんですが、

その他にも、パラシュート反射

(お座りの状態で身体が

倒れそうになると上肢で支える)や、

ハイハイなどもできるようになってきます。

 

 

発達段階として重要な、「上肢で身体を支える

という動作を行うことで、筋力強化のみならず、

呼吸機能にも非常に良い影響があるとされています✨

 

 

「腕で体重を支える」という機会が増えると、

骨折しにくい強い骨がつくられたり、

転んだ時、咄嗟に手を前につけるようになって

いきます!🤚

 

 

 

 


発達障害児と定型発達児の

上肢運動を比較した実験

 

 

ここで、2016年の学会で発表された

「青年期発達障害児と青年期定型発達児における

上肢運動機能の比較」という研究を紹介します。

 

 

青年期発達障害児と青年期定型発達児

それぞれ18名に対し、様々な上肢機能テスト

を行ったところ、発達障害児が有意に

低かったというものです。

 

この研究から、発達障害児では定型発達児に

比べ、上肢の協調運動の困難さと、

微細運動での手先の不器用さがある可能性が

示唆されました🤔

 

発達障害がある場合、脳から上肢までの

神経の伝達が上手くいかないケースがある

ことがわかります。

 

 

 

 

しかし…

昨今の生活は、上肢を使った動作がどんどん減って

しまっています。

 

近年住宅事情が大きく変化したことが関係し、

ドアノブ・水道の栓・トイレのレバーなど

「手首をひねるといった生活動作が

ここ10~20年でかなり減ってしまいました

 

 

 

 

 


上肢もたくさん使う 

柳沢運動プログラム

 

 

教室で取り入れている「柳沢運動プログラム」は、

松本短期大学の柳沢秋孝教授が、「子どもたちに

体を動かすことを好きになってほしい

という思いから開発された運動遊びです☝️

 

このプログラムの基本になっているのは、

 

「体を支える(支持運動)」

「跳ぶ(跳躍運動)」

「ぶら下がる(懸垂運動)」

 

の3つの運動です。

特に「体を支える」「ぶら下がる」の2つは

上肢をたくさん使う運動ですね!

 

 

発達段階に合わせ、遊びの中でこれらの運動に楽しく

取り組むことで、基本的な力が身についていきます🏃‍♂️🏃‍♀️

 

お子さんにとっては体を動かすシンプルな遊びに

感じても、脳には様々な刺激が入っているのです🧠⚡

 

 

 

 

さらに詳しい解説や、柳沢プログラムの内容などは、

下の画像もぜひご覧くださいね🤗

 

 画像👈

脳のひろば 2022年12月号

2022-12-14

「脳が活性化する」を

ホルモンの視点から見る

 

 

 

 

こんにちは🤗

こどもプラス川越 新河岸教室です🎄✨

日中も冷え込み、体調を崩しがちな12月ですが

運動遊びで身体を温め、元気に冬を乗り切りましょう!

 

 

さて、以前よりこの「脳のひろば」では、

「脳の血流量がアップする」とか、「脳を活性化する」

といった言葉を用いて脳の発達を解説してきました。

 

ですが、脳の血流量が増えると、どうして

脳が活性化するのでしょうか🤔

今回の記事では、「脳の血流」について詳しく

お話したいと思います!🤗

 

 

「脳の血流」と言っても、具体的に

一体何を供給しているのでしょうか…?

 

 


酸素

 

 

私たちは、24時間休むことなく呼吸をしています😮‍💨

 

「酸素を体内に取り込み、二酸化炭素を排出するため」ということは皆さんかと思います。身体の細胞は酸素があってこそ適切に働けるため、すべての細胞は

酸素を必要としているのです。

 

その酸素を脳細胞のひとつひとつに運んでいるのが

血液です🩸

 

どんなに深呼吸をしてたくさんの酸素を取り込んでも

脳の血流量が不十分だと酸素は十分に運ばれず、

脳が「酸欠状態」となってしまいます

 

 

 

栄養素(ブドウ糖)

 

私たちにとって、酸素と同じくらい大切なのが

「栄養」です!🍚

 

「栄養」と言っても様々な栄養素がありますが、

いわゆる「三大栄養素」である

「糖質」「脂質」「タンパク質」のうち、

脳に栄養を届けるのは「糖質(ブドウ糖)」だけです

 

ご飯やパンなどの炭水化物をよく噛むと、

唾液などの働きで分解されて「ブドウ糖

になります。これが脳の大切な栄養となるのです。

 

このブドウ糖は、小腸で吸収され、

血液によって脳に運ばれます🧠

 

 


血液は脳に「幸せ」も運んでくれます!

 

 

その他にも、血液はたくさんの物を脳に運び、

供給してくれています。

今回はその中から、「セロトニン」について

少し解説したいと思います🥰

 

 

セロトニンは神経伝達物質のひとつで、

 

・精神のバランスを安定させる

・感情をコントロールする

・痛みを緩和する

 

などの働きがあるため、

幸せホルモン」とも呼ばれています

 

意外なことに、体内にあるセロトニンの

90%は「小腸」に存在しています😯

 

と言っても、

これがそのまま脳に運ばれるわけではなく、

必須アミノ酸の一つである「トリプトファン」が

腸内細菌の働きで変化し、

それが血液によって脳に運ばれ、

セロトニンになります。

 

セロトニンが不足していると、

イライラして落ち着きがなくなったり、

パニックを起こしたりするのは有名な話です。

 

実際に、

セロトニン不足と「うつ病」「パニック障害」との関連

を報告した研究論文も数多く発表されています🤔

 

 


運動遊び「柳沢運動プログラム

 

教室で採用している「柳沢運動プログラム」は、

脳に様々な刺激を与えるように工夫された

プログラムです。

 

当プログラムの開発者である柳沢秋孝教授は、

脳活動を研究し、幼児期の運動遊びが

脳の前頭前野に好影響をもたらす

ことを実証しています。

 

また、別の実験では、

運動の前後に前頭前野の血流を測定し、

運動後に左前頭前野背外側部における

血流が増えたことも示されています😆✨

 

 

教室では、毎日楽しく身体を動かしながら、

身体面・脳機能はもちろん、情緒の安定も

図っています!🤸‍♀️🤸‍♂️🤸

 

 

 

 

 

今月の『脳のひろば』のさらに詳しい解説は

こちらの画像をご覧ください!

画像

 

脳のひろば 2022年11月号

2022-11-08

ビジョントレーニング

粗大運動の関係

 

 

 

こんにちは😆

こどもプラス川越 新河岸教室です⛹️🚴🏌️‍♂️

 

 

 

 

これまでの「脳のひろば」では、

協調運動(6月号)」や、

運動のフィードバック(9月号)」

などについて解説してきました。

 

「協調運動」には様々な種類がありますが、

とくに「五感身体運動の協調」は私たちの生活に

密接に関わっていると言えます。

 

また、「運動のフィードバック」にも色々なものが

あり、中でも、運動が適切に出来たかそうでないかを

視覚的に確認する視覚的フィードバック」は、

私たちの生活動作ほぼすべてにおいて行われている

フィードバックです👀

 

そこで、今回は「視覚運動」について詳しくお話したいと思います!👩‍💻

 

 

 

 

 

目が使えていないお子さんの特徴は?🤔

 

まず、ここで述べる「目が使えていない」

というのは、「視力」の問題ではありません。

見えてはいるけど、その情報をうまく使えていない😕

という現象を意味します。

 

たとえば、飛んできたボールをキャッチするとき、

ボールの軌道を目で追いながら、どのあたりに

飛んでくるかを予測し、その地点に自分の身体を

持っていきます🏃💨

 

この時、「視覚情報」と「身体の動き」は上手く

協調しているのです。

 

他にも例をあげると、折り紙を折るときには

目で見た情報」を「指先の動き」に協調させて

いますね。

 

学習面では、「黒板の文字をノートに書き写す」

「漢字を覚える」など、視覚に頼りながら

学習する場面はとても多いとされています。

 

 

 

 

 

ビジョントレーニング眼球運動

 

ここで、ビジョントレーニングを紹介します。

ビジョントレーニングとは、動体視力や

資格認知など、視覚による認知機能を向上させる

トレーニングのことで、

スポーツ選手のトレーニングなどにも取り入れられて

います⛹️

 

1980年代頃からは、発達障がいへの

トレーニングに応用されるようになり、

現在は学習障がいのみならず、

ADHD(注意欠陥多動性障がい)などのお子さんに

対する療育でも応用されるようになってきています。

 

具体的には、

首と顔の向きを変えずに、眼球の動きだけで上下左右のものを見る(眼球運動・追視),

ホワイトボードにランダムに書かれた数字を1から順に探してタッチする(視覚身体の協調)

などがあります。

 

ビジョントレーニングというと、

何か特殊なトレーニングのようなイメージがあるかも

しれませんが、このように手軽に取り入れられるもの

がたくさんあります!😆

 

さらに大きな枠組みでいうと、ボールを使うスポーツや

遊びは全てビジョントレーニングといえます。

視覚情報を脳で適切に処理しながら身体を動かすこと

が必要とされるからです!🤾‍♀️⛹️‍♀️

 

 

 

 

 

視覚柳沢運動プログラム

 

教室で取り入れている柳沢運動プログラムは、

運動」でありながら「視覚」をはじめとする「感覚

にも様々な刺激を与えるように工夫されたプログラム

です。

開発者である柳沢秋孝教授は脳活動を研究し、

幼児期の運動遊びが脳の前頭前野

好影響をもたらすことを実証しています🙆‍♀️

 

 

 

 

下の画像には、さらに詳しい解説が載っています👩‍💻

是非ご覧になってみてください!🧐

 

画像 👈

脳のひろば 2022年10月号

2022-10-04

【「寝る子は育つ」の真実】

運動睡眠の関係~

 

 

 

こんにちは🤗

こどもプラス川越 新河岸教室です🎃🎈

 

ひんやりとした風が気持ちよく、外に出かけたくなる

季節ですね。

新河岸教室のお子さんたちも、教室の友達と一緒に

久しぶりに公園へ遊びに行くことができました。

たくさん体を動かして汗をかき、教室に戻ってからは

「疲れた~!😆」と、ゆったり過ごしているお子さんもいます。

 

 

子どもたちも、私たち大人も、運動して疲れた日は

普段よりぐっすりと眠ることができますよね。

なぜ運動すると疲れて眠くなるのでしょうか?🥱

 

 

今回は運動睡眠の関係について解説していきます!

 

 


 

なぜ、運動すると疲れて眠くなる

 

 

 

例えばパソコンなども、

長時間使いすぎると動きが遅くなったり、

誤作動が増えたりします。

そんな時は 一度電源を切って、再起動する ことで

本来の迅速で正確な動きが復活することが多い

かと思います。

 

私たちの身体も同様に、使いすぎによって

眠くなります🏃‍♀️💦

運動や全身を使った遊び、筋トレなどで

負荷がかかった身体の組織・細胞を修復するため、

脳が休息を欲して眠気を感じると考えられています🧠💦

 

睡眠は 身体の修復の過程 なのです🕘

 

 


 

眠っている間に身体で起こっていること

レム睡眠ノンレム睡眠

 

 

 

私たちの睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の

2つの状態に分けられます😪😴

レム睡眠の間は脳が活動しているので

いわゆる 夢 をみますが、

ノンレム睡眠中は脳もしっかり休息しています。

 

 

それぞれの睡眠中に行われていることを

まとめるとこのようになります👇

 

[ ム睡眠 ]

身体は休息しているが、脳は活動している状態

◎思考・気持ちの整理💭

◎記憶の定着🧠

 

[ ノンレム睡眠 ]

身体も脳も休息している状態

◎成長ホルモンの分泌🏋️

◎脳内の神経ネットワーク形成⚡

◎細胞の修復・生育、骨・筋肉形成🦴

 

 

 

先ほども述べたように、睡眠中は

負荷のかかった身体組織の修復が行われています。

しかし、特に子どもの場合は睡眠を適切にとることで、

疲れる前の状態への回復だけにとどまらず、

それ以上のさらなる成長も期待できるのです!

 

新生児・乳児期のお子さまは、

睡眠中に脳が構築されているとも言われており、

睡眠は非常に大切であることがわかります!👶

 

 


 

質の良い睡眠をとるために

 

「寝る子は育つ」ということわざを引用する

までもなく、睡眠が子どもの成長・発達

切っても切り離せない関係にあることが

お分かりいただけたかと思います。

 

そして、子どもが質の良い睡眠を取るためにとても

効果的なのが、最初に述べたように運動や

全身を使った遊び、筋トレなどで身体の組織・細胞

に負荷をかける、ということなのです🏃‍♀️💦

 

現代の住宅事情や感染症の流行などの社会情勢を

考えると、なかなか全身を使って思い切り遊ぶ、

ということが難しいかもしれません。

だからこそ、周りの大人たちが運動遊びの機会

作ってあげることが大切なのです🤔💭

 

 

 

こどもプラスの教室では、

全身をしっかり使って遊ぶ運動でありながら、

脳にも様々な刺激を与えられるように工夫された

柳沢プログラム]を取り入れています。

興味を持っていただけましたら、お気軽に

お問い合わせください😆

 

今回の内容は、下の画像からもさらに詳しく

ご覧いただけます!

 

画像👈

 

 

脳のひろば 2022年9月号

2022-09-07

 

【運動が学習されていく過程】

~運動はどのように記録され、

        学習されるのか~

 

 

こんにちは😊

こどもプラス川越 新河岸教室です🌛✨

暑い日は続きますが、朝晩の気温差のある日も

増えてきました。

体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。

 

 

さて、これまでの「脳のひろば」では、脳の働きや

運動(身体)との関係について詳しくお伝えして

きました。

今回は、運動がどのように学習されていくのか

お話ししていきます。

 

私たちが脳からの指示で体を動かすとき、同時に、

筋肉や関節がどのような状態になっているのか

という情報を脳に送り返すこともしています。

 

これを「フィードバック」と呼びます。

 

「できた!」「失敗した!」という体験を

脳にフィードバックし、

その情報が脳に蓄積されることで、

少しずつ目的に合った運動ができるように

なっていくのです。

 

 


運動学習をより促進するのは

どのような経験・支援?

 

実は、フィードバックには様々な種類があります。

 

 

内在的フィードバック👦

動いている本人が「今の上手くいった!」と

感覚として感じること

外在的フィードバック👩‍👦 

他の人が「今の良かったよ!」「もう少しこうすると

いいね」などとつたえてあげること

(タイムやストライク判定などの客観的な結果も含む)

 

 

ポジティブフィードバック😄

「できた!」時の情報を脳に戻すこと

ネガティブフィードバック🤔

「失敗した!」時のエラー情報を脳に戻し、

上手くいった時との誤差を把握すること

 

 

視覚的フィードバック👀 

運動しているところを鏡や動画で視覚的に

確認すること

聴覚的フィードバック👂

音などで聴覚的に確認すること

 

 


それぞれメリットデメリットがある!

 

 

例えば、「ポジティブ/ネガティブ フィードバック」では、一般的にネガティブフィードバックの方が

運動学習効果が高いと言われています🏋️‍♂️

ですが、「ここができていなかった」などの

ネガティブなフィードバックばかりでは

楽しくありませんよね😣

 

今のすごく良かったね!」というポジティブな

フィードバックもうまく取り入れることで、

お子さんたちのやる気や楽しむ気持ちを大切に

しながら、運動学習を継続的に進めることができます。

 

どれか一つに偏ることなく、

様々なフィードバックを組み合わせて

取り入れると良いということですね⛹️‍♂️🤸‍♂️🧘‍♂️

 

 

 

教室では、まず楽しむ気持ちを大切に!

お子さんたちそれぞれに必要なフィードバックを

行いながら毎日の運動遊びを行っています!✨

また、教室で採用している柳沢プログラムは、

脳に様々な刺激を与えるように工夫された

プログラムとなっています。

 

柳沢プログラムでの効果的な遊びについては

画像の方にさらに詳しく書かれていますので

興味を持っていただけましたら、

そちらもご覧になってみてくださいね!🤗

 

画像👈

 

 

脳のひろば 2022年8月号

2022-08-08

こんにちは🤗

こどもプラス川越新河岸教室です🎆

 

6月号、7月号の「脳のひろば」では、「協調運動」や「発達性協調運動障害」について解説しました。

 

タイミングを合わせて縄跳びを跳ぶ🏃‍♂️

摘まむ力・開く力を加減してお箸を使う…

など、私たちは生活の中でたくさんの協調運動を

行っています。

このとき、大脳と小脳とで適切な連携が取れている

こと、そして失敗と成功の体験を脳に蓄積していく

ことが大切になります。

 

 


運動の切り替え

 

練習したらできるようになった!😯

というプロセスの中には、実は複雑な脳のはたらきが

あることが分かりましたが、

今回はその一例として、『運動の切り替え』について

お話していきます!

 

 

誰もが知っている遊びのひとつに「あっちむいてホイ」がありますね👆👇

シンプルなルールの遊びに思えますが、

これを脳の活動として考えると…

 

前半の「ジャンケンをする」という運動と、

後半の「あっちむいてホイ」という運動の間には、

2つの運動を切り替えるという作業が行われて

おり、さらに前半と後半の間には

自分が勝ったか負けたか判断する

という作業も行われています😰

 

それぞれの要素に分けて考えると、簡単な遊びでも脳はとても複雑な動きをしていることがわかりますね🤔✨

 

 

 


運動の切り替えは、

体の内部でどのようにして行われて

いる?

 

これらの動きを円滑に行うためには、

動くための「筋肉」はもちろん

手足を動かすための「運動野(大脳)」や

見たものを認識するための「視覚野(大脳)」

それぞれの動きを滑らかにするための「小脳」などが

必要に応じて適切に働くことが重要です。

 

手足の動きや視力、知的能力には問題がないのに

「あっちむいてホイ」や「ケンケンパ」などが

上手くいかないお子さんは、それぞれの脳の働きに

偏りがあったり、

それぞれの脳の動きを統合するための「前頭前野

が十分に使えていない可能性があるということです🧠

 

 

 

画像ではさらに詳しい内容や、

運動の切り替えが難しいお子さんへの効果的な運動遊び

についてご紹介しています。

是非ご覧になってみてくださいね!

 

 

画像👈

脳のひろば 2022年7月号

2022-06-25

こんにちは😊

こどもプラス川越新河岸教室です🎐

 

 

前回の柳沢プログラム6月号「脳のひろば」では、

協調運動についてご紹介しました。

 

私たちの日常生活やこどもたちの園・学校生活は、

いくつかの動作を組み合わせて行う協調運動で

あふれており、何度も失敗と成功を繰り返しながら

習得できることがわかりました。🏋️✨

 

しかし、この「協調運動」がどうしてもうまくいかないお子さんもいます。🤔(もちろん大人もいます。)

今回は、発達性協調運動障害についてお話しして

いきます。

 

 


発達性協調運動障害とは 

 

手足の動きや視力、記憶能力など、ひとつひとつの

機能には問題がないのに、それらを組み合わせることが苦手。専門的な言葉では「発達性協調運動障害」と

呼ばれます。

具体的にどのようなことが苦手なのか、

例をあげてみると…💁‍♀️

 

 

乳児期 体がだらんとしている 

    ハイハイがなかなかできない

幼児期 ボールで遊びたがらない 

    お遊戯が苦手

小学生 自転車に乗ること 体育や楽器の演奏 

    ハサミや定規を使う手作業などが苦手 

 

 

このような組み合わさった動きが非常に苦手なのです。ですが、日本における発達性協調運動障害の認知は

まだまだ歴史が浅く、園や学校などで「運動音痴」

「不器用」な子としてひたすら練習をさせてしまう

場合も少なくありません。😰💦

 

 


有効な支援について

 

発達性協調運動障害のお子さんへの支援では、子どもの「できた!😄」という経験を楽しく積み重ねていくことが大切です。

当教室では、脳や感覚に様々な刺激を与えるよう工夫

された柳沢プログラムで、子どもたちが進んで取り組みたくなる運動遊びを行っていきます!🏃‍♀️🤸‍♂️⛹️

 

 

 

発達性協調運動障害の定義づけや、有効な支援についてさらに詳しく知りたい方は、下の画像もご覧になってみてくださいね!🤗

 

画像 

脳のひろば 2022年6月号

2022-06-06

こんにちは😄

こどもプラス川越新河岸教室です

 

柳沢プログラム「脳のひろば」4月・5月号では

運動発達の重要な役割である「固有覚」と「前提覚」について解説しています。

これらは他の感覚と統合しながら発達していきますが、

今回はその結果として行われる「協調運動」について

お話しします🏃‍♀️💨

 


協調運動」とは?

協調運動とは、「何かと何かを協調させて行う運動」

のことを言います。

縄跳びを例にすると、

・両手で縄を回す

・視覚でタイミングをはかる 

・縄の動きに合わせて跳ぶ 

これら全ての動きが協調することで初めて、

タイミング良く縄を跳び続けることができます。

私たちの脳は、何気ない動作をする時でも

非常にたくさんの情報を処理してくれているのです👩‍💻


 

また、画像では協調運動と脳の発達の関係性、まだまだ認知の低い発達性協調運動障害についても詳しく説明があります。ぜひ下のリンクから詳しい内容を読んでみてください😊

 

こどもプラスでは子どもたちと運動遊びを毎日行っています。ご興味のある方はいつでもご連絡ください😊

画像を表示

 

 

 

 

 

 

令和3年度放デイ及び児発ガイドラインに基づく自己評価結果について

2022-03-29

いつもお世話になっております。
こどもプラス川越 新河岸教室です。

令和3年度の児童発達支援・放課後等デイサービス自己評価結果を公表致します。

みなさま、アンケートにご協力いただきまして誠にありがとうございました。
皆様から頂いたアンケート結果は、今後のより良い教室運営に活かしていきます。

↓クリックで表示↓

【放課後等デイサービス】

【児童発達支援事業】

柳沢プログラム6月号発刊!

2021-06-07

みなさんこんにちは!

こどもプラス新河岸教室です!

   

今年も梅雨の時期に入りましたね!

体調等にお気をつけて、お過ごしください!

  

子どもがグングン伸びる最新の脳科学

脳のひろば

6月号では、

【その疲れは副腎疲労かも!?】【原始反射とは】

2本立てです!

是非みなさんチェックしてみてくださいね!

画像拡大

« Older Entries

▲page top