脳のひろば 2022年7月号

2022-06-25

こんにちは😊

こどもプラス川越新河岸教室です🎐

 

 

前回の柳沢プログラム6月号「脳のひろば」では、

協調運動についてご紹介しました。

 

私たちの日常生活やこどもたちの園・学校生活は、

いくつかの動作を組み合わせて行う協調運動で

あふれており、何度も失敗と成功を繰り返しながら

習得できることがわかりました。🏋️✨

 

しかし、この「協調運動」がどうしてもうまくいかないお子さんもいます。🤔(もちろん大人もいます。)

今回は、発達性協調運動障害についてお話しして

いきます。

 

 


発達性協調運動障害とは 

 

手足の動きや視力、記憶能力など、ひとつひとつの

機能には問題がないのに、それらを組み合わせることが苦手。専門的な言葉では「発達性協調運動障害」と

呼ばれます。

具体的にどのようなことが苦手なのか、

例をあげてみると…💁‍♀️

 

 

乳児期 体がだらんとしている 

    ハイハイがなかなかできない

幼児期 ボールで遊びたがらない 

    お遊戯が苦手

小学生 自転車に乗ること 体育や楽器の演奏 

    ハサミや定規を使う手作業などが苦手 

 

 

このような組み合わさった動きが非常に苦手なのです。ですが、日本における発達性協調運動障害の認知は

まだまだ歴史が浅く、園や学校などで「運動音痴」

「不器用」な子としてひたすら練習をさせてしまう

場合も少なくありません。😰💦

 

 


有効な支援について

 

発達性協調運動障害のお子さんへの支援では、子どもの「できた!😄」という経験を楽しく積み重ねていくことが大切です。

当教室では、脳や感覚に様々な刺激を与えるよう工夫

された柳沢プログラムで、子どもたちが進んで取り組みたくなる運動遊びを行っていきます!🏃‍♀️🤸‍♂️⛹️

 

 

 

発達性協調運動障害の定義づけや、有効な支援についてさらに詳しく知りたい方は、下の画像もご覧になってみてくださいね!🤗

 

画像 

▲page top